GHS・SDS・法規制ニュース

 

GHS分類、SDS作成、化学品管理に関連した各国の法規制情報をご提供いたします。

  • 全ての詳細を開く
  • 全ての詳細を閉じる

カナダ

2018年4月4日

有害製品規則の有害成分濃度に関する表示方法を改正

法規制:Regulations Amending the Hazardous Products Regulations: SOR/2018-68

カナダ政府は、有害製品規則(Hazardous Products Regulations、HPR)の有害性分濃度に関する表示方法を改正した。これは企業のCBIを考慮したもので、企業は有害成分の濃度値を保護するために、SDSに規定の濃度範囲で表示することができる。
13段階の表示が可能になる。
(a) from 0.1 to 1%、(b) from 0.5 to 1.5%、(c) from 1 to 5%、(d) from 3 to 7%、(e) from 5 to 10%、(f) from 7 to 13%、(g) from 10 to 30%、(h) from 15 to 40%、(i) from 30 to 60%、(j) from 45 to 70%、(k) from 60 to 80%、(l) from 65 to 85%、(m) from 80 to 100%.

http://gazette.gc.ca/rp-pr/p2/2018/2018-04-18/html/sor-dors68-eng.html

欧州

2018年5月4日

CLP規則の第11次ATPを公布

法規制:COMMISSION REGULATION (EU) 2018/669 of 16 April 2018

欧州委員会は、CLP規則の第11次ATP(adaptation to technical and scientific progress、技術的・科学的進歩への適合)を公布した。
CLPのAnnex VIについて、CLP分類(harmonized classification)、Hコード(hazard statement code)、Pコード(pictogram, signal word code)が改訂されている。2019年12月1日から適用される。

http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=uriserv:OJ.L_.2018.115.01.0001.01.ENG&toc=OJ:L:2018:115:TOC

2018年2月20日

混合物の分類・表示に関するチェックを開始

法規制:CLP規則

EUおよびEEA加盟国は、混合物の分類および表示が、混合物の安全性データシートに示されている情報と一致するかどうかをチェックするプロジェクトを開始した。(2018年1月に開始)
このプロジェクトはREACH-EN-FORCE-6(REF-6)に基づくもので、31か国が参加する予定である。チェックは2018年末まで継続され、検査結果は2019年第4四半期に公開される予定である。

https://echa.europa.eu/-/inspectors-begin-controls-of-classification-and-labelling-of-mixtures

https://echa.europa.eu/about-us/who-we-are/enforcement-forum

日本

2018年3月31日

政府向け及び事業者向けGHS分類ガイダンスの改訂

法規制:平成25年度改訂版事業者向け及び政府向けGHS分類ガイダンス

政府向け及び事業者向けGHS分類ガイダンス「平成25年度改訂版(Ver.1.0)」について、「JIS Z 7252:2014」を反映して改訂され、「平成25年度改訂版(Ver1.1)」が公表された。
今回の改訂は、「平成25年度改訂版(Ver.1.0)」が「JIS Z 7252: 2014」の改訂作業中に策定されたため、一部反映されていない部分があり加筆・修正されている。

http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/int/ghs_tool_01GHSmanual.html

台湾

2018年3月29日

危害性化学品標示及通識規則の改正(案)

法規制:預告修正「危害性化學品標示及通識規則」部分條文及第十二條附表四草案(勞職授字第1070200435號)

危険有害化学品の分類・表示に関する「危害性化学品標示及通識規則」の改正案が公表された。

  • 廃棄物処理に関連する法律や規制において、有害な事業廃棄物や一般的な事業廃棄物を含む事業廃棄物の表示等が規定されているため、事業廃棄物への適用を除外する。(改正第4条)
  • 有害化学物質の表示と分類の関連規定を修正する。(改正第5条)
  • 製造業者、輸入業者または供給業者が提供する安全性データシート(SDS)の内容、使用される書式およびテキスト等を修正する。(改正第13条)
  • 有害化学物質について、CAS番号の記載が追加される。(改正第18条)
  • 労働安全衛生法を考慮し、サプライチェーン上流の製造業者は川下の製造業者に危険有害化学物質の情報を提供し、危険を防止対策する責任がある。(改正第18条一)

https://ghs.osha.gov.tw/CHT/intro/AnnounceData3Detail.aspx?id=319

https://gazette.nat.gov.tw/egFront/detail.do?metaid=97727&log=detailLog

 

 


問い合わせ

■大阪オフィス(本社)     〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目6番17号
                       住化不動産横堀ビル7F
                       Tel: (06) 6220-3364/ Fax: (06) 6220-3361

                 担当者:宇和川 賢

 



Copyright 2017 Sumika Technical Information Service, Inc.