化学品安全・調査

 

 

■GHS分類対応サービス

 

 製品のラベル、およびSDSのGHS分類への対応は万全ですか?

  GHS分類対応はSTISがお手伝いさせていただきます。

 

GHS対応ラベル GHS対応SDS

 

 

 

 

 

 STISのGHS分類対応サービスの特徴

 ・物理化学的危険性、健康有害性、環境有害性の各分野に、専門的知識を持ったスタッフが対応
 ・STISは情報収集の専門家集団として、各種データベースの有効活用が可能
 ・混合物GHS分類について、成分の分類結果からの分類をシステム化し、適切なシンボルマーク、

  注意喚起語、危険有害性情報、注意書きを選択

 ・成分のGHS分類 → 混合物GHS分類 → 最新のJISに対応したSDS作成までの一貫対応が

  可能
 ・データベース化による追加・改訂への迅速対応
 ・各種法規制への対応

 

 

 受託費用、および納期

  受託費用は、調査範囲、ご提供情報の有無及びその量、受託状況により異なります。

  個別にご相談ください。

 

  納期:10成分の場合で、正式受託から納品まで約1ヵ月をご予定ください。

 

 

 GHS分類の流れ

  混合物成分のリスト化(CAS №、名称、組成比率)

  成分のGHS分類状況の整理(国の分類結果の有無)

  GHS分類されていない成分の情報収集
   (提供資料、国のGHS分類マニュアルに準拠した調査-文献リスト

  成分のGHS分類及び分類結果の内部検証

 

 

 SDS・ラベルの作成

  成分や混合物のGHS分類に従って、SDSやラベルを作成します。

 ・SDSの作成(SDS)

    1. 化学物質等及び会社情報
    2. 危険有害性の要約(GHS分類、ピクトグラム、注意喚起語、危険有害性情報、注意書き)
    3. 組成、成分情報
    4. 応急措置
    5. 火災時の措置
    6. 漏出時の措置
    7. 取扱い及び保管上の注意
    8. 暴露防止及び保護措置
    9. 物理的及び化学的性質
   10. 安定性及び反応性
   11. 有害性情報
   12. 環境影響情報
   13. 廃棄上の注意
   14. 輸送上の注意
   15. 適用法令
   16. その他の情報


  ・ラベルの作成(ラベル)

    成分、ピクトグラム、注意喚起語、危険有害性情報、注意書き(安全対策、救急措置、保管、

    廃棄)、法定表示等

 

 


問い合わせ

■大阪オフィス(本社)     〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目6番17号
                       住化不動産横堀ビル7F
                       Tel: (06) 6220-3001 / Fax: (06) 6220-3008

                 担当者:宇和川 賢

 





 

事業案内


Copyright 2017 Sumika Technical Information Service, Inc.