化学品安全・調査

 

化学品安全に関する諸々の業務を受託します。


弊社は専門家集団として、物理化学的危険性、防災物性、健康有害性、環境有害性、リスク評価、
レスポンシブルケア等の各分野の深い専門知識を持ったスタッフがプロアクティブに皆様のご要望
にお応えします。

 

 

製品に関する情報 安全性情報調査

GHS分類

SDS

イエローカード

ラベル

法規制調査

リスク評価

製造者に関する情報
危険有害性の要約

(GHS分類、ピクトグラム、

 注意喚起語、危険有害性情報、注意書き)

法規制に関する情報
応急処置対策 物理化学的性状に関する情報
火災時、漏出時の措置 危険性に関する情報

(安定性、反応性)

暴露防止対策

(許容濃度を含む)

有害性に関する情報

(毒性、発癌性評価など)

取扱い・保護・輸送・

廃棄場の注意

環境影響に関する情報
顧客への情報提供

輸送業者への情報提供

従業員への情報提供・教育訓練

 

 

 

化学品のGHS分類、SDS等の作成

 

GHS分類対応サービス

  物理化学的性状、健康有害性、環境影響に関する情報を調査し、成分や混合物の危険有害性を
  GHSに従って分類します。

 

日本語SDS(JIS様式、貴社指定様式)を作成します。

 ・労働安全衛生法       ―― 通知対象物を含む製品
 ・化学品管理促進法(PRTR法) ―― 第1種・第2種指定化学物質を含む製品
 ・毒物及び劇物取締法     ―― 毒物、劇物

 

仕向国の法規制に対応した多言語対応SDSを作成します。
 ・SAP社 が提供する、SERDSAP EHS Regulatory Documentation on demand)を活用し、

  多言語対応SDSを作成します。

 ・ご提供いただくデータの活用に加えて、SAP社の充実した危険有害性情報データベースも利用

  できます。

 ・各国のGHS分類基準に基づいたGHS分類を行います。

 ・四半期毎に更新される最新の法規制がSDSに反映されます。
 ・世界
116ヵ国(20163月現在)を対象国としたSDSを魅力的な価格で提供します。
  (
20154月より開始 )

 


SDS作成サービスに関する問い合わせ

■大阪オフィス(本社)     〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目6番17号
                       住化不動産横堀ビル7F
                       Tel: (06) 6220-3001 / Fax: (06) 6220-3008

                 化学品安全性グループ

 

 


SDS作成サービスに関する見積依頼

 


 



 ■ラベルやイエローカードを作成します。

 

 

 

 


 

化学品の危険有害性、法規制関連情報の調査

 

安全性情報(毒性、環境影響等)を調査します。
 化学物質のヒトや哺乳動物、魚類等に対する毒性、発癌性の評価、環境挙動等の情報を公知の文献、
 資料から収集し、評価・解析します。

危険性情報(防災関係)を調査します。
 化学物質の防災物性に関する情報を公知の文献、資料から収集します。

法規制関連情報を調査します。
 化学物質の国内、海外法規制や公的機関による許容濃度を調査します。

 

化学品の安全性上の課題に対するコンサルティング等

 

化学品の毒性、環境影響に関する文献・資料を専門家が翻訳し、解説書を作成します。

 また、化学品の取り扱いに関する従業員への安全教育を支援します。  


労働安全衛生法、化審法等の法規制に対応したエームズ試験、生分解性試験、濃縮度試験、

 生態毒性試験、スクリーニング毒性試験の実施、結果の評価、届出資料の作成等を支援し

 ます。


化学物質の有毒性評価、ばく露評価を実施し、ヒト健康影響リスクや環境影響リスクを評

 価します。


リスク評価書の作成やGPS/JIPS安全性要約書の作成を支援します。


   GPS/JIPSは化学品のリスクを最小化するための化学業界の自主活動

   https://nikkakyo.org/safety_of_chemical_products/gps_gips  

 

 

 

 

 

調査に関わるスタッフ紹介
 

 物理化学的危険性、防災物性、健康有害性、環境有毒性、リスク評価、レスポンシブルケア等の

 各分野の深い専門知識を持ったスタッフが皆様のご要望にお応えいたします。

 

宇和川 賢

専門領域

医学博士
毒性病理学、農薬・医薬品・一般化学品のハザード評価、リスク評価、情報調査・解析、コンサルティング
(旧日本化学工業協会LRI、ICCA担当)
足立 春彦

専門領域

農学修士
医薬品・農薬・一般化学品の毒性試験全般、化学品の毒性予測、GHS分類、SDS作成(元製薬協安全性評価委員)
西村 浩

専門領域

農学博士
医薬品・農薬の毒性試験全般、化学品のリスク評価、調査解析、毒性予測、GHS分類、SDS作成
野上 長俊

専門領域

工学修士
材料科学(構造解析)、化学品の物理化学物性・防災物性の調査及び評価、防災安全教育(静電気リスク、燃焼性・爆発性)、GHS分類
三野 照正

専門領域

医学博士
医薬品の安全性・薬効薬理、新規評価系開発、副作用機序解明、リスクアセスメント、コンサルティング(日本薬理学会学術評議員)
向井 哉須浦

専門領域

教育学士
SDS作成・管理、レスポンシブル・ケア活動、化学品法規制対応
佐藤 日出夫

専門領域

理学修士
GHS分類、SDS監査およびフレーズ構築、GHSラベル、輸送ラベル、品質管理
山本 玲子

専門領域

理学修士
哺乳動物代謝、分子生物学的手法を用いた新たな毒性評価系、化学品安全性情報調査および評価、GHS分類、SDS作成
高野 光太郎

専門領域

薬学修士
環境運命/生態毒性試験・調査・予測、化学品のリスク評価、GHS分類、SDS作成

 

 


問い合わせ

■大阪オフィス(本社)     〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目6番17号
                       住化不動産横堀ビル7F
                       Tel: (06) 6220-3001 / Fax: (06) 6220-3008

                 担当者:宇和川 賢

 



 


Copyright 2017 Sumika Technical Information Service, Inc.